MENU

防風通聖散で毎日スッキリ!便秘解消できる理由とは?

便秘というと女性がなるものというイメージがありますが、現代では女性だけでなく男性も便秘しやすくなっていると言われています。

 

防風通聖散はダイエットやメタボリックシンドローム予防のイメージが強い薬ですが、実は便秘解消にも高い効果が期待できます。ここでは便秘の原因や防風通聖散の便秘への効果についてご紹介します。

 

そもそも便秘はなぜ起こる?

一口に便秘と言っても様々な症例があり、単純に便が一定期間以上出ない状態が便秘というわけでもないのだそうです。毎日便通があっても宿便が多くて便秘状態と変わらなかったり、体質や食生活によっては2〜4日に1度の排便でも問題がなかったり。様々なケースがあるのでどういった便秘とははっきり決まっていないのが現状です。

 

まだまだ不明瞭な部分の多い便秘は原因も人それぞれで「コレが悪い!」とはっきり言えない状態です。しかし、便秘を引き起こす大きな原因としては、以下の3つが考えられています。

 

  • 食べ物の偏り(繊維や水分が少ない、または食べ過ぎ・小食過ぎるなど)
  • 腸内環境の悪化
  • 腸の動き(ぜん動運動が鈍い)

 

便秘を放っておくと様々なトラブルが…

便秘による症状というと、お腹のハリや不快感が代表的ですが、それ以外にも便秘が原因で起こるトラブルには様々なものがあります。

 

太りやすくなる

便は食べ物のカスなど不要なもののかたまりです。胃で食べ物が溶かされ、小腸で体内に必要な栄養素が吸収され、最後に余ったものが大腸へ送られ排便されるシステムになっています。

 

ところが、便秘になると大腸の中の便がいつまでもとどまってしまい、本来なら排出されるはずだった毒素や不要な栄養素や水分まで吸収され皮下脂肪やむくみの原因となってしまうのです。

 

体調不良やアレルギーの原因になる

私たちが普段食べているものの中には多少なりとも人体によくないものが混じっています。合成調味料などだけでなく野菜や果物に含まれる一部の成分もそうです。

 

こういった毒素を不必要に吸収してしまうことで、内臓の働きが悪くなって体調不良を起こしやすくなったり、食物アレルギーの引き金になることも珍しくありません。

 

大腸がんのリスクが高まる

何度も書いているように便は不要なものや毒素のかたまりで、便が体内にとどまっていると発酵してさらに有毒なガスを発生させることもあります。こういった毒素は細胞を傷つけ、大腸がんのリスクを高めます。

 

実際に便秘を繰り返していた方や便秘を放置していた方が大腸がんになるというケースは多く報告されていいます。

 

防風通聖散は頑固な便秘もスルッと解消できる

元々、防風通聖散はデトックス効果によるダイエット効果・生活習慣病予防が期待できる薬で、効能の中には便秘解消も含まれています。

 

下剤と同じような効果がある他、余分な水分を便と一緒に排泄させる効果があり、お腹がパンパンに張ったり便がカチカチに固くなっているような頑固な便秘にも高い効果が期待できるのです。

防風通聖散を探している人は必見!アインズ&トルペの「生漢煎」