MENU

ナイシトールGは防風通聖散エキスがたっぷりなのにコスパ良しのお得な製品

ナイシトールG

医薬品や日用品を開発する小林製薬の創業は明治19年、その2年後からすでに医薬品の販売を始めている老舗医薬品メーカーです。そんな小林製薬から販売されているナイシトールはテレビCMなどが頻繁に流れていたため、あまり薬には詳しくないという方でも1度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ここでは防風通聖散配合の一般医薬品(処方せんなしでドラッグストアで買える薬)の中でも有名なナイシトールシリーズの一つ、ナイシトールGの特徴やコストパフォーマンスについて詳しくご紹介します。

 

ナイシトールGは防風通聖散エキスが高配合なのにコスパが良い

ナイシトールGの形状

ナイシトールGの最大の特徴は、ナイシトールシリーズの中でも防風通聖散エキスが高配合ということ。元々は1種類しかなかったナイシトールですが、2012年のリニューアルで防風通聖散を高配合したナイシトールGが登場し、それとともに価格が見直されて当初よりお求めやすい価格になりました。

 

同シリーズのナイシトール85aの1.24倍の防風通聖散エキスが配合されており、ナイシトール85aより高い効果を期待する方にオススメの薬です。

 

高配合な分下痢や胃もたれなどの副作用が見られる確率は高くなりますが、1回に服用する量が4錠となっているため体質や体調に合わせて調整することも可能です。

 

防風通聖散の配合量

ナイシトールGに含まれる防風通聖散の量は1日分で3,100rとなっています。1日3回・1回4錠を服用するので、1錠につき約258r・1回につき約1033rを摂取できるということになります。防風通聖散を配合する一般医薬品の中ではなかなか高配合な部類です。

 

1回に4錠を飲むため調整ができますが、初めて防風通聖散を飲む方や体力に自信がない方はナイシトールGより配合量の少ないナイシトール85aから飲み始めることをおすすめします。

 

値段とコストパフォーマンス

ナイシトールGの値段と、1日あたりの費用は以下のようになっています。

 

  • 84錠(7日分)1,450円(税込1,522円) 1日あたり約217円
  • 168錠(14日分)2,800円(税込2,940円) 1日あたり210円
  • 336錠(28日分)5,200円(税込5,460円) 1日あたり195円

内容量が増えるにしたがって1日あたりの費用が安くなりコストパフォーマンスが良くなります。漢方薬は体質改善を目的としているので飲み続けることが大切です。量が増えると安くなるのはありがたいですね。

 

ただし、防風通聖散は体質によって副作用が出やすい薬でもあります。初めて飲む方は、まずは7日分の84錠入りのパウチから試してくださいね。

防風通聖散を探している人は必見!アインズ&トルペの「生漢煎」