MENU

できるだけお得に防風通聖散を飲み続けるなら「マスラックU」がおすすめ

マスラック

ナイシトールやコッコアポのような知名度はなくても、隠れた根強い人気があるのが今回ご紹介する「マスラックU」です。テレビCMなどがないため名前を聞いたことのない方も多いと思いますが、マスラックを製造する阪本漢方製薬株式会社は大正8年創業の老舗医薬品メーカーで、その名の通り漢方薬を中心に開発・販売しています。

 

あまり知らない会社の薬だと不安になってしまいますが、老舗の医薬品メーカーでしかも漢方薬に携わって長いのなら安心ですね。ここではマスラッくの人気の理由や特徴について詳しくご紹介します。

 

マスラックの特徴は他メーカーにはないお得さ

マスラック2

マスラックはナイシトールやコッコアポで有名な防風通聖散を配合した第二類医薬品(処方せんなしでドラッグストアやネット通販で購入できる薬)です。マスラックは小林製薬やクラシエのような有名メーカーではないものの、防風通聖散を飲んでいる方からものすごく人気があります。その理由がコスパの良さです。

 

防風通聖散エキスの配合量によって製品の値段には多少の差がありますが、防風通聖散エキスを配合している薬の1日あたりのコストパフォーマンスは有名メーカーの場合200円前後が相場です。それに対してマスラックは1日あたり100〜130円程度というお得さが多くの方から愛用される理由です。

 

漢方薬は体質改善を目的としているため、風邪薬のように「症状がおさまったからもう飲まなくて良い」というものではありません。長期的に飲み続けるのが基本なので、できるだけお得な製品を選びたいと思うのは誰でも同じですよね。

 

有効成分は同じでも効果が同じとは限らない?

中には「ナイシトールと同じ成分!」といううたい文句をかかげて販売するお店もあります。確かに「防風通聖散」という漢方薬を使っているのは同じですが、防風通聖散は18種類の生薬をブレンドさせた漢方薬でそれぞれの製品によってどんな分量でブレンドされているかが違います。

 

生薬ひとつひとつが違う働きをするためブレンドが違えば効果も違ってきます。つまり、同じ防風通聖散を配合しているとは言っても、効果が同じとは限らないのです。ナイシトールなど他社製品が一番効果がある方もいれば、マスラックUが最も効果を実感で着ると言うケースもあります。安いからという理由でマスラックにこだわらず、あまり効果がないなと感じたら他メーカーの製品も試してみてくださいね。

 

>>おすすめはアインズ&トルペの生漢煎<<

 

防風通聖散の配合量

マスラックUに含まれる有効成分(防風通聖散エキス)の量は、1日あたり3,000rです。1日3回3錠ずつ飲むので、1錠につき約333rの防風通聖散が含まれていることになります。3,000rというと他メーカーの製品と比較しても配合量はなかなか多い方です。

 

防風通聖散は下痢や体調不良などの副作用が出やすい薬なので、飲み始めてかた体調を崩してしまった時には飲む錠剤を減らして調節することをおすすめします。

 

値段とコストパフォーマンス

マスラックUはオープン価格となっているため、大型ネットショップの料金を参考にしています。目安程度と思って見ていただければと思います。

 

  • 135錠(15日分)2,000円前後 1日あたり約133円
  • 270錠(30日分)3,500円前後 1日あたり約116円
  • 378錠(42日分)4,000円前後 1日あたり約約95円

他メーカーから発売されている防風通聖散配合の薬と比較してもかなり安く、できるだけ費用を抑えつつ防風通聖散を試してみたい方におすすめの薬です。気になっている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

防風通聖散を探している人は必見!アインズ&トルペの「生漢煎」