MENU

コッコアポシリーズで一番お得!コッコアポプラスA錠の特徴や他コッコアポとの違いとは?

コッコアポプラスA

クラシエから発売されているコッコアポシリーズのうち、防風通聖散エキスを使用しているものがコッコアポEXとコッコアポプラスA、コッコアポSです。

 

ここでは2012年に発売されたコッコアポプラスA錠について、他のコッコアポシリーズとの違いや特徴についてご紹介します。

 

コッコアポプラスA錠の特徴はフィルムコートの飲みやすさとお手軽さ

コッコアポシリーズの中ではコッコアポEXの次に新しいコッコアポプラスA錠は、新コッコアポA錠の後継薬として発売されました。この2つに大きな違いはないのですが、新コッコアポA錠は180錠と480錠の2種類からしか選べないため内容量別のラインナップの多いコッコアポプラスA錠の方がおすすめです。

 

コッコアポプラスA錠は錠剤を薄いフィルムでおおわれたフィルムコート錠なので、漢方薬独特な風味を気にせず飲むことができます。

 

また、コッコアポプラスA錠はシリーズの中で最もコスパが良い製品で、なるべく費用を抑えたい方や手軽に試してみたいという方にもおすすめです。

 

他のコッコアポとの違いは?

防風通聖散エキスを配合している他のコッコアポシリーズとの違いは、配合量とフィルムコートの有無です。コッコアポEXは防風通聖散エキスの配合量がコッコアポプラスA錠よりも多く、コッコアポS錠は配合量は同じなのですがフィルムコートがない裸錠のためニオイや味が気にならない方向けです。

 

体内への吸収率の良さ(効き目の早さ)を優先するのであればフィルムコートのないものが一番ですが、防風通聖散は毎日飲み続けるものなので漢方薬特有のニオイなどが気になるという方はフィルムコート錠の方がおすすめです。

 

防風通聖散エキスの配合量

1日分の12錠で2,850rが配合されています。コッコアポS錠や防風通聖散料エキス顆粒とエキスの配合量は同じとなっています。コッコアポプラスA錠はそれらと違ってフィルムコートなので飲みやすく、さらにコストパフォーマンスが最も優れています。

 

防風通聖散は副作用として下痢を起こしやすく、また体の弱い方には向いていない性質があります。副作用が不安な方は配合量の多いコッコアポEX錠よりコッコアポプラスA錠から始めることをおすすめします。

 

値段とコストパフォーマンス

コッコアポプラスA錠の値段とコストパフォーマンスは以下のようになっています。

 

  • 84錠(7日分)1,300円(1,404円) 1日あたり約201円
  • 168錠(14日分)2,380円(2,570円) 1日あたり約184円
  • 336錠(28日分)4,200円(4,536円) 1日あたり162円

コッコアポシリーズの中で最もコスパが良いだけでなく、有名メーカーから発売されている防風通聖散エキス配合の薬の中でもトップレベルにコスパが良いのがコッコアポプラスA錠の魅力の一つです。お試しにぴったりの7日分パックもあります。

防風通聖散を探している人は必見!アインズ&トルペの「生漢煎」