MENU

防風通聖散で皮下脂肪対策スッキリ細い手足やくびれは手に入る?

内臓脂肪に効果があることで知られる防風通聖散は皮下脂肪の予防や燃焼にも効果が期待できます。皮下脂肪によるトラブルとともに、防風通聖散の皮下脂肪への効果をご紹介します。

 

皮下脂肪は全身につく脂肪

皮下脂肪は名前の通り皮膚の下につく脂肪です。内臓脂肪のように特定の場所につくのではなく、太ももやおしりなどはもちろん頭皮や足の裏につくこともあります。

 

女性は体が冷えやすいことや男性より筋力がないことから皮下脂肪がつきやすい体質をしています。細く見えても実は皮下脂肪がたっぷり…ということも珍しくないので、細身の女性も油断大敵です。

 

セルライトの正体は古い脂肪

お肉をギュッとつかんだ時に出てくるボコボコの正体がセルライトです。これは古い脂肪と老廃物が複雑に絡み合って硬くなってしまったもの。通常の皮下脂肪とは違って運動や食事制限で落とすことができない厄介な死亡です。

 

皮下脂肪を放っておくとどんどんセルライトが増えて痩せにくい体質になってしまうので木を付けましょう。

 

皮下脂肪がつく大きな原因は基礎代謝量の低下

10代から20代前半までは食べても太らなかったという方も、30歳前後になってくると徐々に基礎代謝量の低下が目立ってきて太りやすい体質になっていきます。

 

基礎代謝量とは呼吸や内臓の働きなど生命維持に必要な最低限の活動を維持するために使われるエネルギーのこと。年齢を重ねてさまざまな働きが衰えてくれば、当然基礎代謝量も下がっていってしまうのです。その状態で昔と同じように食べていたら太ってしまうのは当たり前ですね。

 

また、元々筋肉量や運動量が少ない方は、食べる量に対して消費エネルギ―が少ないために、余分なカロリーが脂肪として蓄えられてしまうということもあります。

 

皮下脂肪が増えると病気になりやすくなる

皮下脂肪は温度を保つ作用があります。例えるなら魔法瓶のようなもので、一度温まれば温かいまま・一度冷たくなれば冷たいままになってしまうのです。夏は熱がこもりやすく、冬は冷えやすいため、熱中症や風邪などの病気にかかりやすくなるというわけです。

 

また、体が冷えていると肩こりや腰痛も起こしやすくなるし、冷えが内臓まで届くと内臓の働きが悪くなってさまざまな病気の原因になります。

 

防風通聖散の皮下脂肪への働きとは?

交感神経を刺激して基礎代謝量アップ

防風通聖散に含まれる18種類野生薬のうち、麻黄(マオウ)という生薬には交感神経を刺激するエフェドリンという有効成分が含まれます。交感神経は活動している時や集中している時に活発になる神経で、交感神経が優位な時に基礎代謝も活発になって消費エネルギー量がアップします。

 

つまり、防風通聖散を飲んでいると食べ物から摂取した脂肪の燃焼をスムーズにし、脂肪として蓄積されるのを防いでくれます。

 

デトックス作用で余分なものをため込まない

脂肪が蓄積してしまう原因の一つが、本来なら排出されるはずの毒素や脂質まで体内に吸収されてしまうこと。代謝機能が低下していると内臓の働きも弱っているため、不要物の排出も上手くできず余分なものなで体内に吸収してしまうのです。

 

防風通聖散には、

 

  • 発汗
  • 利尿
  • 下剤

などの効果がある成分が含まれ、体内の毒素や不要なもののデトックスをして太りにくい体を作ってくれます。

防風通聖散を探している人は必見!アインズ&トルペの「生漢煎」